読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的が無ければ動いちゃいけないなんてことはない


ふと、最近思ったことを書きます。


4月になって新入社員が入ってきて

それはそれは、超がつくほど皆フレッシュで

本当に可愛いなぁ、頑張れよ!って思うんです。



その中で「僕は◯◯になるためにがんばります!」っていう子を見かけました。


いや、これ自体は

ものすごく素晴らしいことだなぁって

思うんですけど、自分が新卒入社した時ってこんな目的が明確になってる新卒だったかなぁ?とか思ったわけです。


私はほぼ直感でインターネットと広告が好きっていう理由だけでユナイテッドに入社しました。

私の周りは20代で1000万プレーヤーになるとか鼻息の荒い子もいたんですけど

私にとってはこの業界に飛び込むことに

意味があったのかなぁとか思うんです。


わたし、6年目になるんですけど

振り返ってみて全ての業務に対して目的を明確にして仕事したか、と問われると多分そんなことないですねって答えます。


このプロダクトがイケてるから売りたいとか

この人がなんかヤバイくらいキレキレだから

一緒に仕事したいとか。


案外そんな理由で続けてた仕事が

実を結んでたりするんです。


f:id:kanami-xxx:20160404123626j:plain

尊敬する水木しげるさんの言葉で

こんな言葉があります。


だけど錬金術からはいつまでたっても金は出なかったじゃないか
錬金術は金を得ることではなくそのことによって
金では得られない希望を得ることにあるんだ
人生はそれでいいんだ……………
この世の中にこれは価値だと声を大にして叫ぶに値することがあるかね
すべてがまやかしじゃないか



確かに目標を立てるとか目的を考えるって本当に大事なこと、というか基本だと思うんですけど多分それしか考えなかったら

仕事もなんでも楽しくない。


この水木さんの言葉のように

物事の価値なんて個人の判断軸じゃ決められないと思うし、

超たのしい!これやりたい!って

叫べるようなことがあれば

それが目的であろうと手段であろうと関係ないと思ったんです。


まずは直感を信じて、

この組織が好きだからとか

このメディアに可能性を感じたからとか

この人が好きだからとか

そんな理由だけで創られる仕事があっても良いんじゃないかな、と思います。

何か失敗しても目的のせいじゃなくて

自分にのしかかってくるようにしないと

いつまでたっても自分は磨かれないと思った次第です。


結果それで失敗してもまだ20代だし、いくらでもカバーできると思ってます。